カテゴリ: Jownmakc


140162293_109310291123925_7947270996206170222_n


 十八の時、家を離れた。海外カレッジ・スカラシップを受ける事が出来たからだ。それから三十歳で財団員になる迄、イングランド、北米、イタリアを学問しつつ放浪した。

 最初に長期滞在した海外の都市はロンドンだった。そのニューカマーとして、ワンダータイムを過ごした。
 ある日のことだった。
 私は前月入学したロンドン大学に属するアート・ギャラリーへと、歩を進めていた。そのギャラリーでは、日本人アーティストのタケナカという人物が新作の個展を開催している最中だったのだ。そのとき私は単なる、大都会ロンドンニューカマーであり、右も左も分からなかった。
 ロンドンでは、ビリアード、スヌーカー、そしてピンボールに熱中するようになった。

 昨日もエルダー・スチューデントらとプールバーに居た・・・。

 

 私は気付くと、ロンドン大学の学生達で夜な夜な賑わうパブの、正面ドアの前を通り過ぎようとしていた。この大学には、ギリシャ人、イタリア人、フランス人、アメリカ人、中国人、日本人、タイ人、シンガポール人、韓国人、というように多くの国々から留学生が集まっていた。私達は英語を共通語として互い意思疎通していた。
 そう、それは香港がまだ英国から中国へ返還される少し前だった。その頃ロンドンで出会う多くの中国人は香港人だった。彼らの中には中国当局に対する非難活動をしている者も居た。ロンドン大学はそのように、世界の多くの地域からやって来る者達で、そのスチューデントが構成されていたから私も居心地が良かった。


 友人がいた。彼女はイタリアの田舎のワイナリー出身の二十歳だった。彼女にとっても、ロンドンは大都会だった。そう、彼女はイタリアの首都であるローマさえ、それほど知らなかったのだから。

 多くの英国人は、彼女がイタリア人だと分かると、「イタリアはファッションセンスが最高だ、すばらしい、車のデザインも個性的でクールだ」と言った。しかし彼女はミラノ出身ではなかったから、そういった言葉に上手く返事出来なかった。

 とはいえ、のちに私がイタリアへと向かうのは、この友人の記憶があったからだろう。


 私は画家の家に育ったが、しかしながら現代芸術が身近になったのは、実はロンドンに住み始めた時からだったのだ。それは一種の、知的で洒落た体験だった。ロンドンには、ICAという現代芸術ギャラリーが在る。ロンドンという古い街の中心に、こうした新しい物を置くところは英国人らしい一面だ。ここでは新しい物と古い物がうまく同居し、機能し合っている。

 ロンドン下町に住み始めて程なく、ICAは私のフェイバリット・プレイスとなったのだ。
 私の美術鑑賞の経緯は、そのようなものだが、・・・まあ、その日は大学付属ギャラリーでタケナカの個展がある事を、朝、ちょっと前に買ったのに読まずにTVの上に放っておいたTIME・UT誌で思い出したのだった。タケナカは時々、ICAに作品を展示していたので、そのアーティストの名は知っていたのだが彼自身に会ったことはなかった。そもそも私は日本の事もあまり知らないのかもしれない


 前述のイタリアの友人、モニカは日本という国に興味はあった。だが、正直に言えば日本と韓国と中国の区別も出来ない。兵馬俑は中国にあったか、日本だったか・・・その程度もはっきりしない知識だ。彼女の祖父が日本人の友人からもらった、という芸者の人形が彼女のイタリアの生家あるという。彼女の日本人のイメージはそこから来たものぐらいだ。真っ黒な髪の毛を不思議な形に結った人形・・・

 パブを通り過ぎると赤煉瓦の階建があったそこは学生の私書箱がある建物だ私はまだロンドン滞在二ヶ月・・・住所が転々としていた当初アバディーンホールという学生寮に居たが、その後ロンドン大学まで徒歩で行けるマクミランホールに移動した。
 それで大学の学生私書箱をとりあえずの郵便用住所としていた。

 私は日に回、私書箱をチェックした。
 赤煉瓦の階建は付属ギャラリーに近かったので、タケナカ展に入場する私書箱を見にいった。予想通り何もなかった。それはそれでいいのだ。私はマクミランホールから出て下町を歩き、パブを通り、赤煉瓦の階建を過ぎ、付属ギャラリーへと行く道のりが好きだったのだ。ギャラリーから七十メートル離れた所に私が個人的に間借りした倉庫があった。私はそこで文学研究を始めた。文学、それは人間の心の地図だ。我々は自分の人生しか生きられない。しかし文学は、・・・別の人生を疑似体験させる機能がある。読書とは、今現在我々が置かれているのとは違う状況に自分を送り込むことだ。その状況でどう考えるべきか、何を選ぶべきか、どういう可能性があるのか、それらを仮想する世界だ。多くの文学者または小説家達は様々な状況下の人間の態度、その抗い得ない感情を作品の中に描き出してきた「善」とは何か「悪」とは何か、それらは状況によって変動さえする。人間が知覚し得る「善悪」とは宇宙のバランスから見ると非常に狭いようだ良き」と思ってした事が、後にそうではなかったと分かり、また深く考えずに取った行動を反省したり、・・・我々人間の思考等は感情に支配されやすく、多くの勘違いがある。そんな僕らは経験から次の行動の指針を見つけていく事が多いかもしれないロンドンでは、そのような事を文学に於いて研究していたのだ。そして多数の文学作品が聖書をその基点に持っている


95ae1148



61fb37e1

アノヒノセカイ、又は、T. ホークシャー蔵雄の宇宙的追憶

163575817_10219033645933349_4366131440405367788_n


https://www.youtube.com/watch?v=kPCe4zQNB1I

ELVIS BERGUS
76965230_2312034982460497_5643673991441809408_o
94253064_2452640248399969_4884802937240420352_o
102811462_2497888213875172_8007780384167127302_o
イラスト
117104273_2534977430166250_3324002284415755858_o
107818236_2519257668404893_8857171950633004538_o
LTX LOGO

アッパー熊本マコンドの名物料理は、宮崎駿ラーメンだ。

118361591_2556824171314909_7513079740594669781_o

つかうのは、塩ラーメン。

これに、べつに、玉ねぎ、カレー粉、けずりぶし、鶏肉、・・・を、
オリーブオイル、レモンでいためたトッピングをつくっておく。

118401736_2556824721314854_7969093678117799889_o

そして、ラーメンをカタメンにゆで、

118320320_2556824774648182_4483975155677471129_o

合体

118302172_2556824804648179_8804113377537538454_o
さいこうだ。

118323190_2556823794648280_8208502954495782805_o

さて、私は、現在、東義則ギャラリーの手伝いをしている。
アッパー熊本マコンドにある、アートギャラリーだ。
そこは、タヒチのゴーギャンのアトリエのようなところだ。

ギャラリーイメージキャラクターは、バーガスちゃん。

118471076_2556823874648272_7359509678690936625_o

今日は、当番で、ギャラリーのみんなに、トマトスパゲッティをつくった。

川での行水のあとは、料理がたのしい。
キャンパーライフだ。

118357045_2556824364648223_1575803500566055203_o

アートギャラリーに併設して、イタリアンレストランをひらく計画もある。

118309021_2556824117981581_254501413543143401_o
それが、
アッパー熊本マコンド。

Jownmakc ヨシマックス、 アッパー熊本マコンドにて、
生活中。
ここは、ガブリエル・ガルシア・マルケスが描いたような、
ハイパーネイチャー。
118406546_2556824214648238_9007308498907536588_o

オフロードCARがよくにあう。 パジェロミニです。

わたし、Jownmakc (⇐ちなみに、北マケドニア語では、ヨシマックスのつづりは、こうなる)
は、北マケドニア共和国の漫画雑誌DEVETKAに、I'M KPを2018~2019と連載し、
東ヨーロッパ・バンドデシネ・プロフェッショナル作家活動をしていたのだが、
現在、スタジオのある、アッパー熊本マコンドに滞在中です。

118277536_2556824141314912_1460862172177135258_o
znon4291

アッパー熊本マコンドは、まさに、ネイチャーライフのVILLAGE 。。。。。
オフロードCARで、川へ行き、風呂がわりに、川で行水する。

118309282_2556824317981561_4949312574414725000_o
原始的な生活のように、おもわれるかもしれないが、それは、最高の贅沢。
川で前身を洗うと、きもちよく、ごはんもうまい。

118359416_2556824134648246_6397742506887444396_o
この大いなる、アッパー熊本マコンドをながれる川では、
おいしい魚もとれるらしい。
こんな、川辺で、魚のわなをしかけて、漁をしている若者もいる。

118328746_2556824501314876_1723706710269648447_o

アッパー熊本マコンドは、アジアである。
そこでは、メコン川流域にひろがるような、
ライスフィールドもある。
だいぶ、そだってきている。

メコン川の人々は、その、ごはんのありがたさを、僕におしえてくれた。

118183145_2556824654648194_8090741439355938004_o
118579428_2556824247981568_7200495801923379944_o



<br />



20191124_163357
20191124_122452
20191121_202159
20191124_181310
20191125_231258
20191123_184346_HDR
20191122_142607_HDR
20191123_184057
20191121_170108
20191121_170132
IMG_4477_R
IMG_4475_R

ロンドン近郊、UKは、LUTONで開催される
ハイパーフィルムFESTA
FILMSTOCK12
へ行きました。

自作監督短編映画
『VALDAT』が
上映されたからです!


Yoshimax / Jownmakcの国際映画活動⑪ 京都フィルムメーカーズラボ






78847611_2338249459839049_9086853765457248256_o
 

『Paperback Phantasia』 International Moving Film Festivalテヘラン2019 セミファイナリスト




https://www.youtube.com/watch?time_continue=3&v=-TBgNd0UDrs




↑このページのトップヘ