カテゴリ: UK

I was attending at FILMSTOCK12
UK.

They were LOVELY LOVELY.

GET TO

FILMSTOCK12

20191123_184057
20191124_163357
20191124_181310
20191121_202159
20191124_162122
20191123_184346_HDR
20191125_231258

Baker_Street_1890-2010's

シャーロック・ホームズ (Sherlock Holmes) は、

19世紀後半に活躍したイギリスの小説家コナンドイルの創作した、

架空のプライベートディテクティブ。

彼の活躍する一連の作品は大ヒット。
ディテクティブノベル(推理小説)において一つの頂点を築いた。

ホームズの、
生年や出身地は明確な記述がなく、はっきりしていない。

大学卒業後、大英博物館の近くで私立探偵開業。
1881年に、相棒ワトソンとルームシェアをはじめた。

ワトソンと共にベーカー街の下宿で共同生活を始めた頃から名声が高まり、海外からも事件解決の依頼が寄せられるようになった。

1891AD、犯罪組織の長、モリアーティ教授との対決で、モリアーティ教授と共にスイスのライヘンバッハの滝にて失踪。
モリアーティ教授と滝つぼに落ちて死亡したと思われた。
だが、落ちたのはモリアーティだけであったと後にわかる。

姿をくらましてから、再度ロンドンに現れるまでの行動ははっきりしない。
チベットなどアジア方面にまで足を運んでいたという噂もある。

ロンドン・ベーカーストリート221Bのハドソン婦人のアパートに下宿している。
221b_Baker_Street
800px-Baker_Street_Sign

800px-Sign_at_Sherlock_Holmes_Museum_in_Baker_St_221b
320px-221bg_ext

221B_Baker_Street

ベーカー街は、LONDON中で最も有名な通りである。

Bakerstreet_london

WEST ENDの中心を南北に走る街路であり、

ハイドパークの東北隅から北に向かってリージェンツパークの西南端に至る。

ホームズが活躍していた時代にはベーカー街の東側が1から42まで、西側が44から85まで(43は欠番)となっていて、221Bは存在しない住所だった。

後にベーカー街に含まれる北のヨークプレイスは1–40、さらに北のアッパー・ベーカー街も1–54であり、221Bはどこにもなかった。

ワトスンが存在しない住所をホームズの部屋として公表したのは、実際の位置を偽装する目的であると考えられた。



ホームズの体格は痩身で身長は少なくとも6フィート(約183センチメートル)以上の長身、鷲鼻で角張った顎が目立つ。
性格は極めて冷静沈着。行動力に富み、いざ現場に行けば地面を這ってでも事件の一端を逃すまいと血気盛んになる活動家。

家族については、兄のマイクロフト以外はほとんど言及がない。本人は、先祖は地方の地主で、祖母がフランスの画家ベルネの妹だと述べている。

彼の多才な能力はそのまま犯罪に使うこともできるため、ホームズ自身、自分が犯罪者になれば大変なことになっていたであろうという旨の発言をした。

ホームズはワトソンが書く自分の物語に関してはその書き方を特に批判している。

バイオリン演奏にも長けており、ストラディバリ製のヴァイオリンを所有している。BOXINGはプロ級の腕前。拳銃射撃も弾痕でアルファベットを描ける。



宮崎駿監督作品の「名探偵ホームズ」では、犬のホームズが活躍。大人気だった。




↑このページのトップヘ