カテゴリ: Paul Delon

VIVA ITALIA
バーガスちゃんは、イタリアのウサギ。
映画は、フランスのアランドロンが大好きさ!
157739602_6295101443858305_6943023369538298254_o
8b0dfd61
e6a08d76-8a3a-406f-86fb-795c6a7a48e4
スクリーンショット (32)
このセグメントを80年代に僕らを熱狂させたゲーム漫画
「ゲームセンターあらし」と「ファミコン・ロッキー」
に捧ぐ。  Jownmakc / Yoshimax / ヨシマックス 監督

スクリーンショット (32)

平安京デジタリアン、と名付けられた八十年代のロム・カセットのゲームワールドにイーブル意識『タイム・エンペラー』が封印されていた。それは、あの時代の光ディスク・ゲーム形式だった。

宇宙的VR空間とのコネクトさえ可能にしていたのだ。

『コードネーム:平安京デジタリアン』、そのセントラル・プログラム『タイム・エンペラー』は擬人化されたシークレット地球開発プログラムだ。だが、このプログラムは八十年代に考案されたもので、すでに古びた開発意識を持ち続けているのだ。開発者は去り『タイム・エンペラー・システム』のみが動き続けて、地球崩壊への間違った道の途上に居た。これは、GAME化されたコントロールメソッドで動作しており・・・古びた開発意識をRE-IMAGINATIONしエコシステム化するために全プログラムを改変するには、擬人プログラム『タイム・エンペラー』意識システムを刷新するしかない。『タイム・エンペラー』は分断を主張する過去的人類意識の権化だ。過去の分断を継承させんとする権力を行使しようとする意識だ。だが時代は変わろうとしている。地球規模気候変動、グローバルクライシス、もう国家主義では対応できない。新しい世代は感覚的に受け止めている、もう、変わらねばならないと。すでに国家主義、民族主義は過去のものとなり、グローバルクライシスを人類全体の問題として解決するために考える時代が来ている。

Vr-heiankyo中心キャスルに居るタイムエンペラーと呼ばれるプログラムが! プログラムだが、擬人化されている。その姿は未来兜を被り、ビッグソードの使い手!!!



GAME Z : 平安京デジタリアン
アニメモードの説明。
アゴラホテルに入ると、バーガス海の家。
島の冒険。
ダイヤ獲得。
***
(20000年前、)
ローマ遺跡。
目覚めるハイパータイム・エンペラー。
次元宇宙船で、現代へ。(2からの映像を)
化石となっていた、
ウイング・サーペントを再起動。
香港激震。
その時、パスタ作って妻に出していた、
ゴッツォ。(カットバック)
えばきゅえーしょん指揮するゴッツォ!
***
バーガス、BBQポークチョーメンを前に、ダイヤを見る。
考える。
バーガス、ダイヤで次元トラックを買う。
トラック荷台に健さん風スペースマンが!
「ぶきような男ですから」(セリフはスペースマンのみ)
そのとき、チュパカブラ。
おいはらうスペースマン。
スペースマンは、ファミコンもどきをバーガスに見せる。
「これは80年代の日本のゲーム機です、
しかし私がVR機能とネット機能を追加しました」
ファミコンもどき&VRゴーグル。
***
ミラノからVRにアクセスするバーガス。
アジアネットでネットの世界へ。
ネット内スコピエ教会。
そこで発見する平安京デジタリアン・コンソール。
レースゲーム。
平安京デジタリアン・コンソールをVRゲーム世界でGET!
平安京デジタリアンに入り込む。(川を越えていく)
それは、平安京VR(かくしワールド?)だ。
平安京はネストリウス・テクノロジーによって、
建造された町だった。
平安京VR内には赤い塔があり、そこの本に、
古代怪物ウイング・サーペントに勝つロボットの事が、
記されていた。(ゴーレム?)
地下に埋もれているという、そのロボット・・・。
***
(猫門に、のみこまれ)
現在リアルワールドに戻り、(アノヒメン・スーシン)
次元トラック走らせる。
(ローマ)地下発掘現場。
それを見ているバーガス、ゴッツォ、蔵鷹ら。
ロボット再起動。
サーペントVSロボット
END

bodisava



 

クリスチャンになる為に、最初から聖書の全てを理解する必要はありません。

聖書に書かれていることを全て信じないと、神から受け入れられないわけでもありません。

 

 

 

 

私自身、クリスチャンになった時にあったのは、文字通りからしの種ほどの、ほんのわずかな信じる気持ちだけでした。

聖書を読んでもいませんでした。理解できるとも思っていませんでした。

 

 

 

 

でも、ただ

 

 

 

「神様、信じさせてください。私の信仰を強めてください。」

 

 

と祈り続けました。

 

 

 

 

そんなわずかな信仰心という種に、神は毎日水をあげ、今もずっと、手塩をかけて育て続けてくれているのです。

 

 

 

つまり、成長させてくれるのも、導いてくれるのも、全ては神なのです。

 

 

 

 

私たちがすることは、ただ信じて捧げることだけです。

 

 

 

(ちなみに神への捧げ物とは、何かの前に置く供物ではありません。

神への祈りや、神に感謝の気持ちを伝えること、聖書を読むことや、困っている人を助けること、クリスチャンであれば伝道など、『神の喜ぶ行動をすること』『神と過ごす時間』が、神への捧げ物です。)

 

『失敗を犯しても神から逃げてはならない、神の元に逃げ込め(By 預言者TBジョシュア)

78425687_2487239391522347_3394893642844864512_o

『失敗を犯しても神から逃げてはならない、神の元に逃げ込め(By 預言者TBジョシュア)

20191124_122452
20191122_142628_HDR
IMG_4472_R
IMG_4469_R
14192039_1629415470722455_5365787030055042311_n

70310cae

↑このページのトップヘ