アノヒノセカイ THE LOST ZONE by Jownmakc 2020
この物語は、ブラックウッド・タウンという、ウエスト・ジャパンの或る町にて起きた出来事の集積だ。
レポート:
エリア / Y川支流北@ブラックウッド
グループ / バーガス・ディビジョン
トランスポート / バーガス・トレーラー(『パトリック7号』)
調査クラフト / IDSS‐03・ホバータイプ
アクション / 
 トランスポートがY川支流北のブリッジに到着。
 ディビジョン・マーク(The Bergus Division)の付いた後部ドアが開く。
 トランスポートから調査クラフトが出てくる。
 クラフトはY川支流の水面に降りる。
 クラフト、支流を北へ向かい移動。
 水面を撮影しながらクラフトは進んでいく。
 SCP(古代恐竜のような水棲生物)に遭遇!
(インターネット上にはSCPに関する記事が山ほどある・・・。)
 私がかつて生活して居たセカイ。
 小さな町。
 ブラックウッド。
 半世紀以上前、ここはオレンジファームで賑った。住民は当時五万人は居ただろう。町自体は、
江戸期以前からあり、商業も栄えていた時代があったと歴史は語る。
 それは遥か昔の日々だが、私の幼少期は高度成長期のフルーツブームと同期しオレンジ栽培
流通が町の一大産業のひとつだった。
 もともと密林・原生林の多様なゾーンでもあったのだが、当時のバブル経済の為に無用な開発と
造成によって削り取られた山々もあった。
 私は九歳であった。それらの状況を見て、おぼろげに記憶しているだけだ。記憶が本当にあった
事かさえ、もう定かではなくなってきている。
 私は長い間、イタリアに住んでいたのだ。イタリアはロンバルディア州の田舎町モンザンバーノ。
そこも非常に小さい町だった。こころ落ち着く教会があり、好きだった。
 そして、ブラックウッドへ戻って来た。
 私は長く記憶を失っていた。三十八歳の時に、気付いたらモンザンバーノの小さな教会の中で
目覚めた・・・。十八迄の記憶しか留めていなかった。
 十八で家を出たから、両親もその後の私の動向について何も知らなかった・・・。しかし、ホームタ
ウンに戻ろう、或る日そう思った。
 そしてイタリアに二年居た後、ホームタウンへ・・・。
 ・・・ ブラックウッド。
 もはや子供時代の、あの日の記憶しかないのだが・・・。
 あれは、ほんとうに起きたことだったのか、あの場所は、ほんとうに在った場所だったのか?
 探求がはじまった。
 山の向うのクレーター。
 九歳の日の記憶。
 私は、パジェロミニを走らせた。
--- --- ---
 ブラックウッドは小さな町。
 小さな世界。
 エレメンタリースクールに通っていた頃、私は此のブラックウッドの外の事は殆ど何も知らなかっ
た・・・。
 町は四方を山が囲んでいる。ブラックウッドに入るには西山のトンネルから入境することになる。
西山を貫通するように造られたトンネルは異様な外観をしていた。トンネルの周囲は東南アジアの
ジャングルを凌ぐ密林に被われていたし、其の地盤は南米ギアナ高地よろしく巨大な岩々の連な
りだったのだ。トンネルが無かった時代には落武者が西山を越えてゆくヴァニシングポイントでさえ
あった。
 エレメンタリースクール時代、私にとって『西山トンネル』の向うの世界は想像上の場所であった。
 トンネルの向うは外部{GAIBU}、・・・その情報はブラックウッドのキッズワールド(子供らのバイオ
スフィア活動圏)では完全に遮断されていたのだ、二軒のブックショップと一軒のサウンド(レコー
ド)ショップを除いては。
--- --- ---
 そうは言っても、日本中にブラックウッドみたいな町は無数にあるはずだ。
 そんなに特別だったわけではない。
 八十年代には、どこかアメリカの田舎町を思わせるジャパニーズタウンは多くあった。GHQのオ
キュペーションは日本のアメリカ化を促したからだ。
 現在、世界に覇権を持った、ジャパニーズカーとジャパニーズアニメだが、車文化とアニメ文化
は戦後USAからもたらされたテクノロジー&カルチャーのジャパナイズ版だ。忘れがちだが。
 田舎生活にも、それらは八十年代にはすでに国産文化のように浸透していた。その情報は当時、
ブック&サウンドで我々の生活に入って来ていた。
 だが、当時の田舎では情報源が非常に少なく、我々は貪るようにブックショップとサウンドショップ
に出入りした。
 それでエレメンタリースクールは、噂(ゴシップ)の宝庫だった。そこでスチューデントが話すこと
は、あることないこと様々。あの有名なフロリダ州のタブロイド『ウィークリー・ワールドニュース』も
真っ青。
 だが、親戚の子らの話を聞いていると、今のスチューデントも同じらしい。
 レン、ジョージ、ユウイ、カイ、ミライ、タイチ、・・・あの頃ゴシップトークに夢中だった友の記憶が
頭を過った。
 ふと、パジェロミニから外を見た。
 川があった。
 綺麗な小川だ。
 川で衣類をウォッシュしている少女が居る!
--- --- ---
 この土地には、何故かブリテン島のカントリーサイドを流れているような川が幾つかある。
 少女は、そんな川のひとつで、何かをウォッシュしている。
 歳の頃は、我々の子供ぐらいの年齢だろうか・・・。少女はちらと、こちらを向いた。
 十歳位の子供の顔だ。そう思った。だが其の瞬間、ザザッと彼女の顔にブロックノイズのようなも
のが見えた。そして次の一瞬、一秒程だろうか、彼女の顔が人間のそれと違う、何かに見えたのだ。
 その顔は宇宙人特集テレビ番組に出て来るような、そう、『リトルグレイ』{英語では、グレイ・エー
リアン}と呼ばれるアレ、つまり私には地球外からのエイリアンにしか見えなかったのだ。なのに私
は驚愕という程に驚いたわけではない。
 この町、ブラックウッドに何らかのエイリアンが暮らして居るって事は、エレメンタリースクール時代
から感じていた。
 当時のスチューデントらの噂話では、学校のそばの中華拉麺店の店主はあの日本が誇る国際
俳優・高倉健に似ていたけれども、ほんとうは宇宙人{SPACE-MAN}だと云われていた。
 そんなある日「これが店主の正体だ」と、ひとりの友人が私にイラストを描いてくれた。
--- --- ---
 友人が描いた、其の中華拉麺店店主の正体はリトルグレイそっくりだった、頭部が平たい事を除
いて・・・。へんなイラストだったが、妙なリアリティもあった。
 そして、さっきの少女が一瞬見せた顔、・・・あの思い出の似顔絵イラストを彷彿させるものだった。
 そんな風に私のパジェロミニは、少女が居た小川の辺りを走り過ぎた。だが、バックミラーで確認
すると少女の姿は無かった。
 そのまま私はクレーターのある南山の山頂ゾーンへ向かった。
 このゾーンでは、あの歴史的日本八十年代後期バブル経済期間に大規模年金保養施設建設
の為の山地造成が成され、当時流行ったハコもの建設が施工された。
 それらの半分以上が今は廃墟となっている。
 その原因はメテオ・インパクト。つまり隕石落下が南山の向う側で起きたから。
 この隕石はさほど大きいものではなかったが、宇宙からの落下の衝撃で直径二五〇メートルのク
レーターを形成するには充分だった。
 そんな事があったことも私はイタリア生活の中で忘れてしまっていた。
 記憶が、ほんとうだったかどうか確認しに来たのだ。
 山頂辺りに着くと、そこには廃墟になったキャンプ施設がまだ壊されずに古びたまま残っていた。
その向こうに、クレーターがあったはずだ。
 あった。
 しかし、三十年という時を超え、それは湖となっていた。
 だが、しかし私はふと思った。これは本当にクレーターだったのか?
 もともと湖ではなかったのか?
 宇宙から落下した隕石が直径ニ五〇メートルのクレーターを造った、なんてそもそも誰が言い出
した?
 あの日のクラスメートらじゃなかったか?
 新聞記事じゃなかったと思う。
 確かな情報だったのか?
--- --- ---
 そうだ。
 私は、自分の頭の中で友人から聞いた噂話の『クレーター』を空想していただけだったのかもし
れない。このキャンプ場を使った思い出もない。だが、このキャンプ場でキャンプをした、という空
想を頭の中で構築していたのだ。なぜか?
 そう、私はあのキャンプに行けなかったのだ。私の他の全ての同級生が参加したキャンプだった
のだが・・・。私は行けなかった。当時通っていた学習塾の合宿があったからだ。
 その後、同級生の友人らとの関係は、なんとなくよそよそしいものになっていった。
 『彼ら』と『私』という隔絶された雰囲気がどこか漂った。
 私は『欠落』を補完するように、友人らのお喋りからの情報を空想によって再構築し、『想像上の
キャンプの記憶』を脳内につくりだしたのであった。
 私の真剣さが、その記憶をいっそうリアルなものにした。子供が何かに真剣になるとき、恐るべき
力を発揮するものなのだ。
 湖を見ながら、私はあの時代に私が感じていた事をリコールした。
 つまり、この湖が隕石で出来たクレーターであるという確証は私には無いのだ。
 だが、この湖には何か得体のしれない空気が漂って居る・・・。
 ブラックウッドは太古から宇宙の神秘と無縁ではない。近隣の村には『天翔ける舟』が降りて来て
いたとされる大岩もある。其の村には天文台が在るのだが、宇宙からの訪問者がそこで何度も目
撃されたという情報もある。
 しばし岸から湖面を眺めたあと、私はそこを去り再びパジェロミニに乗り込んだ。
 東山(通称キャスルヒル)へ向かう為だ。ダッシュボードに数日前に買って忘れていたミルキー
チョコが入っていた。疲れた頭には丁度良い。
--- --- ---
 南山を麓まで下った。
 南山は古くから人々が住みついていた。その中腹には仏教徒が祈りの時に使用する、線香を生
産する手工業があった。
 山幅は広く、Y川に沿って広がっている。Y川は南山を背にすると右が上流となる。トラッカーら
がよく使う道路もY川に沿っている。Y川上流の方向へ向かえば北熊本(アッパー熊本)に行ける。
 南山の麓から三つの道に分かれる。右へ行くと山深く、シャーロック・ホームズとモリアーティが決
闘した断崖のような光景がある。左へ行くとY川の下流へ向かって進むことになる。こちらはうっそ
うとした南米的ジャングルのような道になっている。かつて、この道の入り口には遊郭があったとい
う。もう少し進むと映画『キャット・ピープル』の舞台のように、猫の一族がたむろしている木々が現
れる。この道は散歩するには面白い。その先に『南城の古塔』と呼ばれる遺跡が在り、そこから向こ
うがトラッカーたちの集荷場。(『南城の古塔』は『南総里見八犬伝』に登場しそうな雰囲気。)
 三つ又の中央を行くと、ミドルスクールが在る。その脇からキャスルヒルへの登山道に入れる。
キャスルヒルの歴史は古く、ブラックウッド・エリアの歴史的キリシタン大名バルトロメオ公の時代に
遡る事が出来る。
 登山道を登っていく。
 ブラックウッドの人口が近年著しく減少した為、登山者も減りキャスルヒルのかなりの面積が原生
林に還ろうとしていた。
 だが、原生林の奥に、誰が造ったのか、・・・チャペルを見つけた。
 『聖マザーテレサチャペル ブラックウッド』、そう書かれていた。
--- --- ---
 此のキャスルヒルには聖母マリアが出現したという地元の伝承もある。
 聖母マリアは世界のいろいろなところに出現している記録があるが、それは至福の出来事である。
 ブラックウッドは不思議な町だ。
 あの通り過ぎた川縁の少女は誰なのか、・・・私はあの場所へ戻る。
 其処にはアート・インスタレーション(モティーフ:イエス・キリスト)が在った。
 声が後方から聞こえた。
「Tホークシャー蔵雄君・・・? 蔵雄くんじゃないの?」
 私の名を知る人物が居るとは・・・。一体誰なのか?
 私はふり返り、見た。
 その洒落た感じは、思い出すのに十分だった。
 「君は、水木りん・・・!」
--- --- ---
 水木りん、・・・私が九歳の頃のクラスメートだった。
 或る日、別の国へと引っ越して行った子・・・。
 私は思い出す。
「たしか、君はフランス及び日系アメリカ人だったよね。君との思い出は、よく一緒に登校したこ
と・・・。君のママは、朝、私が君を迎えに行ったとき、寒い日にはいつも私にホット・ミロをつくってく
れた。」
 りんは答える。
「そうだったよね。だけど、うちの家族は、あの年の終りに密かに海外へ引っ越した。お別れ会とか
する時間も無かったね・・・。今は話せるけど、父はアメリカ連邦警察FBIのアジア支部に居たんだ。
それで、ああいう形になった。」
 私は聞く。
「それで、・・・・・君は戻って来たの?」
 りんは言う。
「そう。この町は変わってるからね。アーティストとしてのモティーフが多い。今は永住権を取ってツ
リーハウスに住んでいる。」
 私は、りんのアート・インスタレーションのキリストを見て言う。
「君はアーティストになったのか・・・。」
 りんは言う、「君のお父さんは壁画家じゃなかった?」
 私は言う、「銭湯の壁画だ。ほとんどはね。」
--- --- ---
 私は問う。
「この町ブラックウッドで何かが起きていると思うか?」
「正確に言えば、何かが起きつづけている。」
 りんは、そう答えた。
 その時上空を、重・多用途ヘリが横切った。 VAD,VAD,VAD,VAD,VAD・・・、静けさを裂く轟音。
 りんは言う。
「あれだ。アレが関係してる。アメリカの財団だ。今のは、その財団のヘリだ。今の方向だとY川の
下流の方、・・・トラッカー集荷場辺りの広場に着陸したな。ものものしいな・・・。おそらく、SCP と関
係がある。」
「SCP?」
「SCP とは。自然法則に反した存在・物品・場所・現象をSCPオブジェクトとしてファイリングする動
きさ。特別収容(スペシャルコンテインメント)プロトコル・ナンバリングで、多くの国際組織がファイリ
ング競争を激化していると云われる。SCP財団という謎の財団の存在も囁かれているよ。」
 SCP情報を多く保有する事が、今世紀の国際社会での威信に関わるとさえ考える研究者らが居
るという。一九五二年に米国ウエストバージニア州{FLATWOODS}に飛来したとされる『UFO と宇
宙人のロボット』は、そのひとつとして、あまりに有名だ。
 りんは言う。
「Y川に沿って行ってみよう。途中、工事中で車両通行出来ない場所がある。だが、歩きで行ける
距離だ。そうはかからない。」
 Y川に沿って歩いていくと『キャットピープル』のような猫一族の棲息区に入った。
 一人の女性が、猫に{RØDE}マイクロフォンみたいなものを差し出していた。
--- --- ---
 りんはその様子を見ると、草むらにサッと身を隠した。私もとっさに、そうした。
 りんは言う。「あれ、さっきのヘリに乗ってた人物だよ。あのタイプのジェットブラックヘリは、基本
的には財団の地球外生命ディビジョンに関係したアクションに使用される。そして、彼女が持って
いるマイクロフォンは、・・・FBIが捜査用に開発したマシンだ。」
 私は驚く。
 りんは言う、「あのマシンは、『キャット・コネクター』だ。人間と猫のコミュニケートを可能にするもの
だ。猫の行動範囲は広い。様々なものを見ている。彼らから情報を集めることが有力な犯罪捜査
になる。そのためにFBIは開発したのだが、その他あらゆる捜査に秘密裏に利用されている。」
 私は、何でそんな事、知ってる?・・・という顔をしていたに違いない。
 りんは言う。「じつは、父が開発中のプロトタイプをひとつ持っていた。今もそれ、多分動く。ツリー
ハウスに置いてる。・・・今の様子じゃ、財団も殆ど何も掴んじゃいない。この農道には何匹も猫が
住んでいる。彼らの方が今は、人間の誰よりも情報を持っているだろう。」
--- --- ---
 翌日。
 私は猫一族の棲息区でチーズを持って、待っていた。
 りんはキャット・コネクターのケースを抱えてやって来た。
 りんは言う。「これがキャット・コネクターだ。プロトタイプの試作機の一つだが。父がFBIに居た頃、
使うこともあったようだ。彼はもう引退して南フランス・プロバンスで事件捜査とは無縁の日々を過ご
している。父はあの頃、FBIレガット{LEGAT}と呼ばれる国際捜査支部に居たらしい。今思うと、支
部は掴んでいた、このブラックウッド・タウンにおける宇宙人の存在の痕跡を。 ・・・・・ もちろん、
FBIには守秘義務がある。父はハッキリとは言わない。」
 私はりんに真顔で問う、「では、FBIは宇宙人を捜査するために、八十年代のアジアに入り込ん
だのか?」
「そうだ。そして四十年前の{LEGAT}のFILE インフォを現在財団がうけついでいる。冷戦構造の
破綻は進歩ではあったが、細分化した力が新しいバランスを模索しているのが現在だ。財団は四
十年前のインフォ・デジ・ストレジを何らかの方法で買い取ったのだ。」そう、りんは断言した。
 りんは続けて言う、「ブラックウッドでは、四十年前からSCP目撃情報が多数あったらしい。九十
年代にはUMA と日本で呼ばれていた謎の生物たちだ・・・。それらは、元々地球上の生物ではな
い・・・。」
 私はチーズを紙皿に載せて、農道の脇に置いた。昨日とは模様の異なる猫が現れた。
 りんはキャット・コネクターのマイクロフォンを、その猫に向けて喋りかけるのだった。
「猫さん。君らが知っている事も教えてくれ。チーズがご褒美だ。」
《数世代にわたりブラックウッドに住んでいる猫一族から得た情報》
●Y川の支流を北へ進んだところに、秘密のコミューンがある。
●秘密のコミューンでは宇宙人と地球人が結婚し、共に暮らして居る。
●そのコミューンでは、新しい世代が生まれている。
●衣類を小川で洗っていた宇宙人少女は新しい世代なのだ。ハイテクで素顔を隠している。
●宇宙人らの世代交代のスパンは地球人と同じ位。結婚に支障は無い。
●『Y川支流北』にはSCPが棲息している。
--- --- ---
 ブラックウッド・タウンの西インダストリアル・エリアには、毎晩、明かりが灯り何か重工業プロダクト
を製作しているらしい工場がある。目撃者の話では、重工業パーツが出来次第、何度も何度も、
南山奥の湖の方面へトランスポートトラック・カーゴで運ばれているという。
 どうやら、もう一度、南山の湖へ向かう必要がありそうだ。
 我々はキャット・コネクターで猫らとコミュニケーションを取った、彼らの身体を使わせてくれ、と。
キャット・コネクターによって、猫らとリンクし、我々の意識で彼らの身体を動かせるようになる。ただ
し、彼らがオーケーしてくれれば、だが。
 チーズ・二キロでディールだった。
 猫の身体の方が潜入に怪しまれないはずだ。
--- 猫の身体を借りて ---
 我々は、猫の素早さで、猛スピードで南山を駆け上がった。
 猫の身体は動きやすい。小さいので、様々な処にも忍び込める。しなやかに小道や隙間を通れ
る。南山の湖の岸辺にあるキャンプセンター・ビレッジビルディングは施錠してあったが、うまく忍び
込めた。
 随分つかわれていなかった様子だ。
 八十年代の映画ビデオカセットや、ビデオゲームのロムカセットが沢山放置されていた。キャンプ
に集まった子たちが遊んだのだろうか。八十年代の漫画雑誌もある・・・。goro-goro コミック。
 そこには、アノヒ、時が止まったかのように、八十年代の代物が放置されっぱなし・・・。
 となりの部屋に行ってみると、紙粘土細工の黄色い猫が・・・。
 子供の作品のようだ。
 他に、二十以上、そんな紙粘土細工が放置されていた。小学生キャンプのリクリエーションで
作った作品群だろう。
 部屋の中央には、不思議なピラミッド型のマシーンが置かれていた。そのマシーンから伸びる幾
つものヘッドフォン・・・。
 その又隣の部屋へ行く。
「エッ!?」
 そこは、バイオメカニカル化されていた! 何か八十年代のSFアニメ映画に出そうな雰囲気だ。
シルバーメタルと、ギーガー的生物感、そしてゴールドカラーのギラギラした、超超ラージスケール
集積チップ連結マーブルが、おそろしく巨大なデータを処理しているように光っていた。 ・・・量子
コンピュータ? だとすると、コレが何のために動作しているのか。
 それに繋がるGAMEマシン、そしてそこに刺さる『平安京デジタリアン』というロム・カートリッジ。
「なんなんだ?」
 ロムに接続された電子ラインは、未来的なマンホールの下のスペースに続いていた・・・。
 マンホールのフタを開けようとすると、・・・その時、西インダストリアル・エリア・トランスポートトラッ
ク・カーゴがやって来るのが、窓から見えた。
 よく見ると、トランスポートを運転しているのは、あの高倉健似のラーメン店長だ。髭がサンタク
ロースくらいになっているが、まさにあの人だ。となり助手席には川縁で布をウォッシュしていた少
女。親子?宇宙人の親子なのか?
 我々は、トランスポートの荷台に飛び乗った。
 トランスポートが、湖の縁まで進むと『ブオーン』という音と共に、その車体全体がバブルのような
ものに包まれるのだった・・・!
 トランスポートは、我々も乗せたまま湖底へ・・・・・・・。
 そこには、(水を遮断する)バブルに包まれた建造物があり、それは村のようでもあり、その中央
に巨大なUFO(宇宙船らしきモノ)が見えた。
 トランスポートは、UFOへ向かった。トランスポートが運んでいたのは、UFOのパーツだったのだ。
 高倉健もどきの男とその娘は、トランスポートを降りると纏っていたデジタル変装を解除した。
 ブロックノイズと共に地球人の姿が消え、彼らの本当の姿が見えた。グレイ・エーリアンだ!
 我々は排気土管に入り、逃げた。
 土管入口付近に宇宙人の子供らが遊んだと思われるスケボーが落ちていた。
 それに乗って、土管を駆け抜ける。
 りんが言う、「蔵雄君! キャンプ・センターのアレ、覚えてる? 多分、あのピラミッド・マシーン、
あれ、記憶書き換えのためのマシーンだ!」
 チュパカブラが追ってくる!
 りんが言う、「チュ、チュパカブラだ! UFOがよくやって来るっていうメキシコに棲息している宇
宙生物・・・!」
 つぎつぎに、不思議なモノがやってくる! どういうこと!?
 そういえば、記憶書き換えマシーン・・・、思い当たる事がある。あの日、キャンプの後日、だれも
宇宙人の存在に言及しなかった。そして、みんな、まるで別人みたいに見えた。記憶書き換えマ
シーンのせいだ・・・!
 土管の出口が見えて来た!
 チュパカブラが猛進してくる!
 我々は土管の出口へ急ぐ。土管の出口で、土管口の脇につかまる。
 猛進してきたチュパカブラは、スピードを落とさず、谷底へ!
 我々は崖をあがり、原っぱへ出る。原っぱの上空の雲間からライトは落ちる。
 フラットウッズ型スペースメイドROBOTが降りてくる。
 私は叫ぶ。「これ、みんな知ってるヤツだ! 一九五二年、米国ウエストバージニア州フラットウッ
ズに飛来したとされる『UFO と宇宙人のロボット』事件のヤツだ!」
 フラットウッズ型スペースメイドROBOTは、我々の前に着陸し、そのハッチを開くのだった。
 あの高倉健似の宇宙拉麺シェフが現れ、言う。
「選ばれし者よ、平安京デジタリアで、タイム・エンペラー・システムを破壊せよ。我々は敵ではない。
WE CAME IN PEACE. チュパカブラは火星種の生物で、我々がこのハビタブルエリアに入植し
たときに入り込んでしまった。スマン。」
 高倉健似の宇宙人との会話の中で、多くの謎が解けた・・・。
 平安京デジタリアン、と名付けられた八十年代のロム・カセットのゲームワールドに、イーブル意
識『タイム・エンペラー』が封印されていた。それは、あの時代の光ディスク・ゲーム形式だった。
宇宙人らは高度なテクノロジーで、地球のゲームカセットカートリッジを改造していた! それは、
宇宙的VR空間とのコネクトさえ可能にしていたのだ。決戦の場は宇宙人らの技術により、VRス
ペースに持ち込まれていたのだが、それに参戦する選ばれしデジウォリアーが現れていなかった。
『コードネーム:平安京デジタリアン』、そのセントラル・プログラム『タイム・エンペラー』は擬人化さ
れたシークレット地球開発プログラムだ。だが、このプログラムは八十年代に考案されたもので、す
でに古びた開発意識を持ち続けているのだ。開発者は去り、『タイム・エンペラー・システム』のみ
が動き続けて、地球崩壊への間違った道の途上に居た。これは、GAME化されたコントロールメ
ソッドで動作しており、・・・古びた開発意識をRE-IMAGINATION し、エコシステム化するために
全プログラムを改変するには、ウォリアーが、そのGAMEに参加し、擬人化したリーディングプログ
ラム『タイム・エンペラー』と、動作システムを21日間で断ち切り、意識システムを刷新するしかない。
 宇宙人は言う。
「『タイム・エンペラー』は分断を主張する過去的人類意識の権化だ。過去の分断を継承させんと
する権力を行使しようとする意識だ。だが、時代は変わろうとしている。地球規模の気候変動、グ
ローバルクライシス、もう国家主義では対応できない。新しい世代は感覚的に受け止めている、も
う、変わらねばならないと。すでに国家主義、民族主義は過去のものとなり、グローバルクライシス
を人類全体の問題として解決するために考える時代が来ている。人類の心に期待している。」
 宇宙人との会話で分かったこと。
→ 湖に落ちていたのは、隕石ではなく、宇宙船。(かつて火星に存在した、インテレクチュアル・
BEINGが、自ら起こした環境破壊によって住環境が壊滅したために、ブラックウッド南山奥ジャン
グルに舟で移住し、彼らは古代からひそかに住み続けていた。 ・・・バブル時代の開発でジャン
グルが消され、彼らのハビタブルエリアに人間がはいりこんだ。)
→ 火星の住環境の崩壊は気候危機がまねいた。不必要なものを無駄につくってそれを過剰に
消費し続ける社会構造・社会形態が、土地・惑星・大地・ハビタブルゾーン・海を汚染し、けがして
いった。だが、かれらの生活は火星崩壊をまねいたことから学び、極度にエコ化していた。
→ より暮らしやすい住環境を求めて、宇宙人らは移動しようとしている。
 宇宙人はモニタリングを始めた。水木りんが、バーガスX アバタール Xをコントロール。
 ハイパー次元モニタにVr世界が映し出されたようだ・・・。
 バーガスが次元を超える。
私もVr世界に入り込む。そこは、8世紀のheiankyoの様相だ。その世界は仮想現実。
だが、その世界の中心キャスルに居る、タイム・エンペラーと呼ばれるプログラムが!
彼は、プログラムだが、擬人化されている。その姿は未来兜を被り、ビッグソードの使い手。
私、Tホークシャーは、Vr アバタールとなる。少年のようになった、デジ化身がその世界の門へ。
空中から羅生門へ降りる。財団は、ハイテクを使い、そこへ送り込む、Vr化トランスポートトレーラ
を! トレーラを動かしているのは、バーガス。
トレーラから忍者ロボットが出て来る。それに乗り込む。タイム・エンペラーとの決戦。
タイム・エンペラーは聖母マリアのような光に包まれ消滅。
おわり
*この物語はフィクションです。