カテゴリ: Taka Kura Omega World

タカクラは思った。

新約聖書によれば、預言者エリヤは、イエス・キリストの変容のときに、創造主なる神の起こす大いなる雲の中に、預言者モーシェとともに現れ、そして、また雲と共に天に消えた。それを使徒ピーターは見ていた。その様子は、バチカン・サン・ピエトロ大聖堂のエントランス近くに飾られたラファエロの名画『キリストの変容』に描かれている。

タカクラは、その絵が好きだった。

三位一体、父と子と聖霊、・・・主イエスはまばゆく変容し、ピーター(ピエトロ)の前で光り輝き、天地の創造主の子としての顕現をあらわした。

タカクラは思う。

それは、きっと、圧倒的な光景だったろう。

あまりのパワフルな光景だったろう・・・。

タカクラは、それを思うとき、なんとも言えない気持ちになるのだ。

その光景を見ることが出来たら、とおもう部分と、あまりの荘厳さと、おそれおおさと、入り混じるのだ。ラファエロの描いたものを見ながら、想像するのが自分には合っているのだ、とも思うのだった。


イエスは、ペトロ、それにヤコブとその兄弟ヨハネだけを連れて、高い山に登られた。イエスの姿が彼らの目の前で変わり、顔は太陽のように輝き、服は光のように白くなった。見ると、モーセとエリヤが現れ、イエスと語り合っていた。ペトロが口をはさんでイエスに言った。「主よ、わたしたちがここにいるのは、すばらしいことです。お望みでしたら、わたしがここに仮小屋を三つ建てましょう。一つはあなたのため、一つはモーセのため、もう一つはエリヤのためです。」ペトロがこう話しているうちに、光り輝く雲が彼らを覆った。すると、「これはわたしの愛する子、わたしの心に適う者。これに聞け」という声が雲の中から聞こえた。弟子たちはこれを聞いてひれ伏し、非常に恐れた。イエスは近づき、彼らに手を触れて言われた。「起きなさい。恐れることはない。」彼らが顔を上げて見ると、イエスのほかにはだれもいなかった。


マタイは、そう伝える。


ピエトロが、モーシェやエリヤと語り合うイエス(イェーシュア)を見る事は大切な出来事だった。

天と直接繋がる存在を見ることは・・・。


エリヤは、後継者エリシャの見ている前で、神の火の戦車とともに、つむじ風、おおいなる風に乗って天に去り、神の元に行った、・・・それ以後エリシャはエリヤを見なかったという。


この世界には、人間の創造を絶することが起きる。

われわれの想像力などを遥かに吹っ飛ばす、神の栄光が・・・。


LTX LOGO
76965230_2312034982460497_5643673991441809408_o
B!0088
86283465_2567146826864936_1187556816666492928_o

YOSHIMAX ヨシマックス

50455452_2251206535125635_43844971777753088_o
(left: YOSHIMAX)

映画作家・漫画作家・小説家 (本名:東義真 2018年からペンネーム:YOSHIMAX)
1973年生まれ。 大阪芸術大学映像学科卒業。 博士号所持。

2013年 サイファイ映画『MASK TRIP』を監督、メキシコ国際映画祭にてベストSF賞。
2015年 漫画キャラクター『バーガスちゃん』を産み出す。
2016年 自作漫画キャラクターを主人公に短編映画化した『BERGUS CHAN』がロシア・国際カンスク映像祭で特別賞受賞。
『BERGUS CHAN』は、下記 TSUTAYA TV で現在レンタル中。
https://tsutaya.tsite.jp/item/movie/PTA0000QG5BI

2017年 漫画『バーガスちゃん』、ロンドン・スーパーCOMIC-CON進出。
2019年 要望に応え、映画『BERGUS CHAN』を完全版化した『Journal of the Long Ears』が、
インド・PUNEで開催される国際映画祭 Global India International Film Festival ベスト脚本賞。
マケドニア共和国漫画誌『DEVETKA』バンドデシネにて漫画『I'M KP』連載。
映像作家としては、イタリアで開催されるシネマダマレ(レジデンシー)に日本人として初めて参加、
イタリア短編映画監督デビューを果たす。
https://www.youtube.com/watch?v=w1FgXmgnBjg

タイ王国バンコック市 CINEMA OASIS にて、YOSHIMAXクリエーション・内田翔士スターリング、
『蔵鷹の超冒険』 ( Taka Kura's Hyper Journey ) 公式上映:
https://www.youtube.com/watch?v=3ZWxFV7xPKc

2020年『MASK TRIP』インド・タゴーレ映画祭実験映画賞受賞:
https://www.youtube.com/watch?v=rEsumSDnWQU


イラスト

TIME-EMPEROR

タイム・エンペラーは、もともと独裁者が、
20000年前の遺跡から発掘した超テクノロジーをベースに
製造した、AIロボットの『MEKA-HED』タイプが、
シンギュラリティ自我を持ち、
「われこそは、タイムエンペラー!」と名乗りはじめて、
世界征服の野望を抱き始めた、・・・そういう存在である。








CLINT GOZZO

クリント・ゴッツォの出自は、謎だ。

たぶん、ミドルイースト周辺のコプト正教会が多くいる地域の出身だとおもわれる。

日本・関西に2年すんでいた。

NAMBAが好きだ。

おもてむきは、
「東マレーシア映画社」という
映画製作会社に勤務していることになっている、
しかし、この会社こそが、実はダミー会社だ。

これは本当は国際機関で、バーガスという名のプレジデントが
指揮している。

世界平和のために、秘密裏に活動している。

Taka Kura Omega World
(c)2020 LTX / YOSHIMAX

MEKA-HED

An AI robot.
A evil dictator made the robot.

メカ・ヘッド

(蔵鷹の異聞時空 より)

キャラクター紹介:

メカ・ヘッドは、ある独裁者が、参謀として造ったAIロボットだ。
独裁者の意のままに動く。
その命令を遂行する。
そのためには、あきらめを知らない。
イーブルな存在だ。

イラスト
独裁者は、20000年前の遺跡から掘り出したテクノロジーを再生し、
このAIロボットを作り出した。
もともとは、20000年前のエイリアンの、サロゲートアンドロイドだった。

アトランティス伝説にのめり込んだ、マッドな独裁者は、その古代の
ハイパーアトランティス技術を手に入れ、世界を支配するために、
このメカヘッドを使役して、アトランティステクノロジーを探している。

そのため、蔵鷹やクリントと、対峙することになる。

エネミーである。

TAKA KURA OMEGA WORLD
(c)2020 YOSHIMAX/ LTX


102811462_2497888213875172_8007780384167127302_o

クリント・ゴッツォ & コナン・ドラルド

クリント・ゴッツォは、イタリア料理の名コック。
様々な顔も持つ。
メカの運転が得意。
フィレンツェの美術館めぐりが趣味。

コナン・ドラルドは、ネコ型ロボット。
もともとは、遊園地のアトラクション・ガイド用につくられた。
子供好き。

Taka Kura Omega World
(c)2020 YOSHIMAX / LTX


↑このページのトップヘ