チェコ共和国のSF映画祭へ出品する映画MASK TRIPの編集を終え、
SUBMITした後、
20日にロンドンに到着するフライトにのるべく、オフィスを出発。
教会通りを歩くと、もうすぐ来日するローマ法王のことが
貼ってあった。
うれしいことだ。
IMG_4469_R
IMG_4470_R
IMG_4471_R
IMG_4472_R

わたしは、カトリックハイスクール出身でもあるし、法王の来日はうれしいのだ。

ところで、伝承学をすこし学んで居た私は、興味深い伝説をきいたことがある。
日本でも有名な達磨、この達磨大使という人は、インド、中国を通じて、
日本に伝わった聖人だが、この人こそ、イエスキリストの弟子であった、
トマスらしい。

THOMAS → TOM → トマ → 達磨 → ダルマ、というように、
イスラエルから日本につたわる迄に、多少、名称の変化があったようだが、
ちゃんと伝わっている。

THOMAS(トマス)は、イエスの12使徒の1人で、ややうたがい深いことで
知られている。

イエスがよみがえった時、その傷にふれてみないと信じられない、と言ったという。

しかし、復活したイエスに出会い、のちに、インドまで宣教の旅をしたと言われる。
こんにち、いろいろな考古学的発掘から、その伝説は本当であると
わかってきているようだ。

そのインドから、日本までも、達磨、として伝わっている。
グローバルだ。

IMG_4473_R

たしかに、達磨は、ヘブライの民の雰囲気がある。

IMG_4477_R
IMG_4479_R
IMG_4476_R
IMG_4475_R

ロンドンへのフライトは香港から出る。
よく利用するのは、キャセイパシフィック航空。

香港便にのるまえに、エアポートで、月見やまかけ蕎麦。

IMG_4488_R
IMG_4487_R
IMG_4489_R
IMG_4483_R
日本から香港まで、ほぼ3時間半のフライトだ。
香港は、東洋と西洋がうまい具合にミックスされていて、
かぜとおしのよい所。

現在、中国メインランド当局ともめているが、ここのフリーダムは
ずっと続いてほしいと願う。

香港エアポートはクリスマスモードがはじまっていた。

去年のクリスマスは、ひとり、香港のクリスマス夜景をたのしんでいた。

IMG_4490_R
IMG_4491_R
IMG_4492_R
IMG_4495_R
僕は、それほど中華料理を食べないが、好きな中華もいくつかある。
まだ、発見の途中かもしれない。

今回、香港エアポートで食べた、
ジンジャーとスカリオン(ねぎと、ショウガ)の醤油焼きそば、は
なかなかよかった。


PAUL DELON REPORT
ポール・ドロン
レポート
2019年11月19日(火曜)

(c)2019 Paul Delon