FESTA THE LTX STUDIO LOG

(c)2022 Jownmakc

August 2022

「どんな物でも何かの役に立っている。この石ころだって」


117087705_2539604666370193_3585754034434167327_n

かつて、日本の映画監督は、イタリアのチネチッタ付属映画学校で、
学んだひともいた。

他国で学ぶ、ということが、あたらしい風を心にはこんでくることもある。
いや、それが、非常に多いのだ。

Cinecitta
fellini (3)
07-artist-yoshimasa-higashi-in-studio-japan-2018-1200x856
y
35556eab


 学内業務に対する私の考えは、学生とのコミュニケーションという面が大いにあると

考えている。これまでの教員生活で、学生がいろいろな迷いなどに直面していたり、

そのようなことを抱えていたり、ということを目にしてきた。しかし、そういうものの

答えを私が出してあげられるというものではない。ただ、コミュニケーションを通して、

お互いに、いい影響を与えあえるという部分は感じられる。明確な何かではなく、共に

時間を過ごす、共に考えるという中で、おぼろげな道が見えてくるという事に協力する、

ということが大切だと感じている。

 また、学内業務というのは、学校という1つのコミュニティを保持するという面がある。

コミュニティが保持されているからこそ、学生の居場所になる。そこは無秩序であっては

いけない。無秩序な国に人は住めないのと同様、維持されたコミュニティである学校が

確立されていなければ、学生も安心して生活することはできないだろう、と考えている。

 しかし、もちろん、学校は自由な発想の発露を促す場所であるので、自由さと無秩序を

混同しない文化を学校はつくっていかなければいけない。自由な校風は大切な要素だ。

 各種部会委員会業務は、上記のような哲学につながるものであると考えている。

 入学試験は東亜大学において、数回面接試験官をさせて頂いたことがある。入学してくる者にとって、非常に重要で忘れがたいものだろう。

 私自身、自分が入学試験を受けた時の事をよく覚えているし、いい思い出だ。そのようなよき思い出となる入学試験を提供できるのがよいと感じている。

117087705_2539604666370193_3585754034434167327_n
y
07-artist-yoshimasa-higashi-in-studio-japan-2018-1200x856
champon
JCS
italia19 (80)_R
image-miracle
170831523_306856477491343_6986968685665541385_n
167206558_2729252164072108_322618188668743588_n
142189441_110085351046419_1785839791101431159_o
139868633_109365204451767_3873009064827459334_n
140162293_109310291123925_7947270996206170222_n
42473c8f
e6a08d76-8a3a-406f-86fb-795c6a7a48e4
firenze x (269)
2012 italia (100)
firenze x (360)
96234012_2461318397532154_1207734409814343680_n
86283465_2567146826864936_1187556816666492928_o
62526365_2267097880064229_1688265680287170560_o_R
54799460_2142480989415898_7703998854491799552_o_R
20191125_231258
Glastonburyabbey
14192039_1629415470722455_5365787030055042311_n






In 2019, in the August, our film, Taka Kura's Hyper Journey was on the screen
of Thailand.
(Cinema Oasis screen Bangkok, Thailand)

AUGUST 10, 2019

images

バンコック

↑このページのトップヘ