May 2021


140162293_109310291123925_7947270996206170222_n


 十八の時、家を離れた。海外カレッジ・スカラシップを受ける事が出来たからだ。それから三十歳で財団員になる迄、イングランド、北米、イタリアを学問しつつ放浪した。

 最初に長期滞在した海外の都市はロンドンだった。そのニューカマーとして、ワンダータイムを過ごした。
 ある日のことだった。
 私は前月入学したロンドン大学に属するアート・ギャラリーへと、歩を進めていた。そのギャラリーでは、日本人アーティストのタケナカという人物が新作の個展を開催している最中だったのだ。そのとき私は単なる、大都会ロンドンニューカマーであり、右も左も分からなかった。
 ロンドンでは、ビリアード、スヌーカー、そしてピンボールに熱中するようになった。

 昨日もエルダー・スチューデントらとプールバーに居た・・・。

 

 私は気付くと、ロンドン大学の学生達で夜な夜な賑わうパブの、正面ドアの前を通り過ぎようとしていた。この大学には、ギリシャ人、イタリア人、フランス人、アメリカ人、中国人、日本人、タイ人、シンガポール人、韓国人、というように多くの国々から留学生が集まっていた。私達は英語を共通語として互い意思疎通していた。
 そう、それは香港がまだ英国から中国へ返還される少し前だった。その頃ロンドンで出会う多くの中国人は香港人だった。彼らの中には中国当局に対する非難活動をしている者も居た。ロンドン大学はそのように、世界の多くの地域からやって来る者達で、そのスチューデントが構成されていたから私も居心地が良かった。


 友人がいた。彼女はイタリアの田舎のワイナリー出身の二十歳だった。彼女にとっても、ロンドンは大都会だった。そう、彼女はイタリアの首都であるローマさえ、それほど知らなかったのだから。

 多くの英国人は、彼女がイタリア人だと分かると、「イタリアはファッションセンスが最高だ、すばらしい、車のデザインも個性的でクールだ」と言った。しかし彼女はミラノ出身ではなかったから、そういった言葉に上手く返事出来なかった。

 とはいえ、のちに私がイタリアへと向かうのは、この友人の記憶があったからだろう。


 私は画家の家に育ったが、しかしながら現代芸術が身近になったのは、実はロンドンに住み始めた時からだったのだ。それは一種の、知的で洒落た体験だった。ロンドンには、ICAという現代芸術ギャラリーが在る。ロンドンという古い街の中心に、こうした新しい物を置くところは英国人らしい一面だ。ここでは新しい物と古い物がうまく同居し、機能し合っている。

 ロンドン下町に住み始めて程なく、ICAは私のフェイバリット・プレイスとなったのだ。
 私の美術鑑賞の経緯は、そのようなものだが、・・・まあ、その日は大学付属ギャラリーでタケナカの個展がある事を、朝、ちょっと前に買ったのに読まずにTVの上に放っておいたTIME・UT誌で思い出したのだった。タケナカは時々、ICAに作品を展示していたので、そのアーティストの名は知っていたのだが彼自身に会ったことはなかった。そもそも私は日本の事もあまり知らないのかもしれない


 前述のイタリアの友人、モニカは日本という国に興味はあった。だが、正直に言えば日本と韓国と中国の区別も出来ない。兵馬俑は中国にあったか、日本だったか・・・その程度もはっきりしない知識だ。彼女の祖父が日本人の友人からもらった、という芸者の人形が彼女のイタリアの生家あるという。彼女の日本人のイメージはそこから来たものぐらいだ。真っ黒な髪の毛を不思議な形に結った人形・・・

 パブを通り過ぎると赤煉瓦の階建があったそこは学生の私書箱がある建物だ私はまだロンドン滞在二ヶ月・・・住所が転々としていた当初アバディーンホールという学生寮に居たが、その後ロンドン大学まで徒歩で行けるマクミランホールに移動した。
 それで大学の学生私書箱をとりあえずの郵便用住所としていた。

 私は日に回、私書箱をチェックした。
 赤煉瓦の階建は付属ギャラリーに近かったので、タケナカ展に入場する私書箱を見にいった。予想通り何もなかった。それはそれでいいのだ。私はマクミランホールから出て下町を歩き、パブを通り、赤煉瓦の階建を過ぎ、付属ギャラリーへと行く道のりが好きだったのだ。ギャラリーから七十メートル離れた所に私が個人的に間借りした倉庫があった。私はそこで文学研究を始めた。文学、それは人間の心の地図だ。我々は自分の人生しか生きられない。しかし文学は、・・・別の人生を疑似体験させる機能がある。読書とは、今現在我々が置かれているのとは違う状況に自分を送り込むことだ。その状況でどう考えるべきか、何を選ぶべきか、どういう可能性があるのか、それらを仮想する世界だ。多くの文学者または小説家達は様々な状況下の人間の態度、その抗い得ない感情を作品の中に描き出してきた「善」とは何か「悪」とは何か、それらは状況によって変動さえする。人間が知覚し得る「善悪」とは宇宙のバランスから見ると非常に狭いようだ良き」と思ってした事が、後にそうではなかったと分かり、また深く考えずに取った行動を反省したり、・・・我々人間の思考等は感情に支配されやすく、多くの勘違いがある。そんな僕らは経験から次の行動の指針を見つけていく事が多いかもしれないロンドンでは、そのような事を文学に於いて研究していたのだ。そして多数の文学作品が聖書をその基点に持っている


95ae1148



61fb37e1

167206558_2729252164072108_322618188668743588_n
42473c8f
120343284_2587211781609481_3419232953911675768_o
IMG_6469
e6a08d76-8a3a-406f-86fb-795c6a7a48e4

Joe Maroon

IMG - コピー



Joe Maroon
is a UN researcher

37 years old

Studied @
Internat Studies,
UNIV of MIAMI, USA

Born: IN PORT ALBERNI, CANADA

Loving Italian trip


"MASK TRIP"
(The Part of "THE LOVE STAR")
©2021 LTX / Jownmakc

167206558_2729252164072108_322618188668743588_n
170831523_306856477491343_6986968685665541385_n
140699128_109310341123920_627492280583533737_n
42473c8f
firenze x (269)
79078627_2487239471522339_4489498837420867584_o
78679201_2487239704855649_5520946860031737856_o
20191124_122452
20191125_231258
20191122_142607_HDR
20191122_142547
IMG_4487_R
800px-Sign_at_Sherlock_Holmes_Museum_in_Baker_St_221b
14192039_1629415470722455_5365787030055042311_n

ネストリウス派、というのは、古代キリスト教の教派の1つである。
7世紀ごろに、モンゴルや中国に伝わった。
中国が「唐」と呼ばれた時代に、『景教』という漢字名で、ネストリウス派キリスト教は、呼ばれた。

(チンギス・)ハーン家の一部や、その婚姻・親族関係者で、モンゴル帝国の政治中枢をになった人々の中にもこれを熱心に信仰する遊牧集団が多かったようだ。

空海は中国で景教についても学んだ。

浄土真宗・西本願寺には、景教の聖書の中の、マタイ福音書・山上の垂訓の漢語訳 世尊布施論(せそんふせろん) が所蔵されており、親鸞は聖書に学んだ、とも云われている。

167206558_2729252164072108_322618188668743588_n


↑このページのトップヘ