June 2020

漫画家の山田玲司氏がやっているyoutubeチャンネル「山田玲司のヤングサンデー」&ニコニコ。

そのなかで、



ヤンサン・アカデミー賞にて
LTX映画スタジオ(Yoshimax監督)製作の
「Taka Kura the Musical Opera」(3分・ミュージックビデオ)が、
公開!!

(1月25日の放送) YOUTUBEでは、2月。

ヤンサン・アカデミー賞 放送の様子



40分;25秒あたりから、ごらんください!!

YOSHIMAX / LTX 映画スタジオ

Jownmakc / Yoshimax / LTX 2020上半期活動ファイル #1

BERGUS! by Jownmakc
国際版発表! in JAN2020


IMG_4531

BERGUS CHAN (バーガスちゃん)
by Jownmakc

イタリアのバーガス
6
76726054_10157791859359382_1241895999866142720_n
65076872_697441090691397_338293571515842560_o
50455452_2251206535125635_43844971777753088_o
65288620_2285268684913815_6426254686751293440_o_R
62526365_2267097880064229_1688265680287170560_o_R

『失敗を犯しても神から逃げてはならない、神の元に逃げ込め(By 預言者TBジョシュア)

78425687_2487239391522347_3394893642844864512_o

『失敗を犯しても神から逃げてはならない、神の元に逃げ込め(By 預言者TBジョシュア)

20191124_122452
20191122_142628_HDR
IMG_4472_R
IMG_4469_R
14192039_1629415470722455_5365787030055042311_n

images

24831099_1849765878687412_7152594551216731338_o

1993-1994に、マイアミに居た。

そう、米国。 フロリダ州。

2年間。

マイアミ大学の映画学科で、北米商業映画を学んだ。
じつは、ここの先輩は、あの、シルベスター・スタローン。

彼も、その学校で学んで居た。

学生映画とかにも出ていたらしい。

マイアミは、あったかい。
冬でもあったかい。

海がきれい。

海が好きなひとは、マイアミが好き。
僕も好きだ。

マイアミ大学の映画学科では、まず、アメリカ映画の表現と歴史について学ぶ。

アメリカにおける映画は、大衆文化であり、エンターテインメントだ、よくもわるくも。

ヨーロッパにおける映画の在り方とは、すこし違う。

ヨーロッパでは、映画は、ある意味、絵画と似た意味を持つアートである場合も多い。

アメリカでは、それは、とことん、エンターテインメントだ。
それは、ブリテンにおけるサーカスに近いかもしれない。

そういう意味における映画を、まず学んだ。

アメリカは、20世紀を代表する、エンターテインメントの国だった。

20世紀はアメリカの時代だった。

映画は、そういったアメリカで、大衆文化としておおいに成長した。

いつのまにか、アメリカは映像づくりにおいて、世界最高レベルのテクノロジーを
もつようになっていった。

その起爆剤は、ジョージ・ルーカス監督のスター・ウォーズだったかもしれない。

映画史では、20世紀初頭までは、ヨーロッパ、たとえば、イタリア、フランス、ドイツ、イギリス
といった国々もアメリカと同じくらい映画が盛んだった。

いろいろな要因、言語的要因、資本的要因、戦争の勃発などで、
映画産業は、アメリカに集中していく時代がおきた。

ハリウッド初期は、チャプリンも、イギリスからアメリカに渡り、西海岸で映画を撮った。

世界で知られている、風と共に去りぬ、は、第二次大戦以前のハリウッドで作られた。

それは、当時として、豪華なカラー映画だった。
そういった時期には、ディズニー社が、これもカラーで長編アニメ、白雪姫を戦前に製作。

そこには、ものすごい資本が投じられたという。
エンターテインメントに、これほどの投資があつまるのは、アメリカしかなかった。

映画は、アメリカの文化である、とまで言われるようになる。

戦後も、映画文化の中心地はアメリカ・ハリウッドでありつづけた。

そういったことを、マイアミで学んだ。


そして、実際に映画をつくってみよう、という授業。
まずは、8MMを使った、2,3分のサイレント映画をつくる。

当時は、すでに、アナログビデオの時代だったが、映画を仕事にしたい、と
おもうものは、まず、FILMで撮影する、アナログ手法を学ぶのは、一般的
アメリカン・映画学校のコースだった。

そういった学びと同時に、より深くアメリカ映画、そして、世界の映画についての
歴史を受講する。

まあ、だいたい、映画を学ぶというのは、こうしたコースだ。
どこも似ていると聞く。


僕自身は、アメリカ映画の、スーパーエンターテインメント感もいいが、
同時に、フランス映画にも興味をもっていった。
そういう大学生活だった。

フランス映画は、ある意味、文芸のかおりがつよかったせいか、
80年代までにかなり、客をうしなっていた。
アメリカのエンターテインメントにまけてしまった感があった。
ところが、80年代に、フランスの新しい映画カントク、
つまり、
ジャンジャック・ベネックス
レオス・カラックス
リュックベッソン
といった若手が、
CINEMA DU LOOK
という方法論を出してきて、
フランス映画がかっこよくなった。
そういう時期に、わたしは、映画をまなんだのだ。


マイアミ大学は、スタローンの母校とはいえ、まあ、映画の本拠地のハリウッドからは
かなりはなれていた。

南東の果てから、西部の映画文化を、あこがれを持って、思い描きながら、
大学生活をおくる、というのが、マイアミスタイルの映画学校ライフだった。

それは、じつに、いい思い出だ。


IMG_4531


no title


MASK TRIP 

written by Yoshimax Yoshimasa Yoshi Higashi





マスク・トリップ

(ヨシマックス・作)


外宇宙から来た『仮面』があった。

その『仮面』は、邪悪なイーブル・スピリットを宿して居た。

『仮面』を被った人間は、自分自身を失って、支配の過激な欲望に駆られるのだ。

それは、・・・その者は、もはや人間ではない! だが、覚醒剤・麻薬を用いて進軍し、強盗軍隊と呼ばれもした悪名高きナチ軍と同様に、急進の後、急激なダウナーとなってしまうのだ、その者は・・・。


この事を、米国FBIの極秘・特別インベスティゲーション・ディビジョンは察知していた。

この部門は、国外にも幾つかの拠点を持って、捜査していた。多くの捜査資料は『X』と呼ばれる、ハイパー・クラウド・フォルダに収められている!


アジア・超シティ、そこにも、FBIアジアと呼ばれる機関が存在する。

『仮面』は、この超シティでも、勢力拡大を始めており、イーブル・ディメンションという犯罪組織を形成しつつあった。FBIアジアは此れを懸念し、新捜査官を探していた。

FBIアジア・ストラテジック・リーダーの、ジュゼッペ・ドロンは、サウスアジア射撃大会のグランプリをスカウトし、彼にコードネーム『G-X』を与えて、『仮面の男』率いるイーブル・ディメンション犯罪組織に立ち向かう専門職としたのだった。


『G-X』にはフューチャー・ショッカーという、衝撃波でエネミーを倒すハイパーウエポンが与えられた。


G-Xは、持ち前の射撃の腕で、普通では使いこなせないFS(フューチャー・ショッカー)をなんなく使った。まず、アジア・超シティの銀行を強盗し、スーパーダイヤモンドを奪ってヒマラヤに潜伏していたイーブル・ディメンションの一味を倒した。

G-Xには、ハイパー改造・HONDA-Z専用車が与えられたが、彼自身は此のビジネスに疲れを感じていた。


或る日、G-Xは『辞職願』を出し、ひとり、南フランス・マルセイユへと消えた・・・・・。


ジュゼッペは、G-Xのあとを追うが、イーブル・ディメンションが差し向けたチャイサー攻撃ロボットから、攻撃される羽目に。

マルセイユを逃げるジュゼッペ。

G-Xは、一体どこなのか?

実は、飛行機でやって来たジュゼッペは、舟で移動していたG-Xを追い越してしまっていたようだ。つまり、・・・まだG-Xはマルセイユに着いていなかった!

チェイサーは執拗にG-Xを追いかける!

そこへ、FBIアジアからの援軍、AI搭載HONDAマッキーナ・カスタムがやって来た。

チェイサーは破壊された。

しばらくして、G-Xがマルセイユへ上陸した。

ジュゼッペはすぐに、G-Xに会い、FBIアジアに戻るように言うのだった。

G-Xは其れを承諾するが、いきなり、『仮面の男』(宇宙からの邪悪な『仮面』を被り、世界支配を目論む)の香港進撃が始まった。


その後、香港でプレジデントと会食をしていたジュゼッペの元に連絡が入る。ジュゼッペのアシスタントをしてくれていた『U』と呼ばれる女が『仮面の男』率いるイーブル・ディメンションに捕まってしまったようだ。

G-Xは、フレンチ・フリーダム・ネイビーと共に、イーブル・ディメンションを倒すべく、彼らの本拠地に乗りこむのだった。


G-Xは、そして『仮面の男』を倒し、『U』救出に成功した。


『仮面』は秘密裏に国連が管理する、ハイパーストレージに保管された・・・。



ロンドン(英国)、・・・。

国際文化の中心地の1つである、その都市に、『蔵鷹』は居た。

蔵鷹は、国際的な考古学者だ。近年はロンドンに住み、情報収集をしている。

ビクトリア駅近くで生活しているのだ。


そこへネットを介して1つの情報が入った。

国連が管理していたスイスのストレージから、あの『仮面』が何者かによって盗まれたのだ!


『ギャルソン』と呼ばれる男らの活躍で、一時は『仮面』の野望を止めたのだが、その後、中東辺りで『仮面』は行方不明になってしまった。


『仮面』は、それ自身が、宇宙的邪悪さを持っている。これは、或る人物と合体することによって、地上を支配しようとする特性があるのだ! そして、蔵鷹が調査に入ったときには、すでに『仮面』は『或る人物』と合体していた・・・・・。


『仮面』は軍隊を組織し、イーブル・ディメンションを操り、その資金源とするべく世界的秘宝『37人天使図』の在り処を探索していた。


蔵鷹は、自身がCEOを務める『蔵財団』の情報網から、この事件をある程度、把握していた。


*『仮面の男』は、イーブル・ディメンション犯罪組織を操っている事。

*『仮面の男』は、『37人天使図』を欲している事。

*『37人天使図』は、インドに在る事。


蔵鷹は或る日、秘密裏にアンバサダー・ジョッシュから、宇宙人が作ったという、ハイパー・デバイス・ヘルメット『ゴルドメット』を受け取った。


そして蔵鷹は、かつて考古学を学んだ師から、謎の『仮面』について学ぶ。

蔵財団での、蔵鷹の直属のアシスタントは、キャミーキャミーと、ミスターミフネだ。

しかし、『仮面の男』&イーブル・ディメンションの魔手はキャミーキャミーにも、すでに及んでいた。

キャミーキャミーは、彼女の恋人を人質に捕られ、蔵鷹の居場所、つまり、『37人天使図』の在り処を『仮面の男』に教えてしまったのだ。


その頃、ミフネを訪ねて来た、カルロス香港という人物が居た。

カルロスの父は、イーブル・ディメンションに騙され、行方不明になったという。カルロスのママは、その救出と、イーブル・ディメンションを倒す戦いに出る事を、息子カルロスに云ったのだった。

蔵財団は、カルロス香港を団員として採用した。


一方、インドで『仮面の男』が差し向けた古代怪獣に遭遇し危機に陥った蔵鷹を救ったのは、ヴァンサン・ジョルジュという少年だった。蔵鷹はグッドラックと共に、前進。


37人天使図が在るという、インドの『天空の天主堂』を目前に、決戦となるのだった。

決戦の相手は、あの『仮面の男』、そして其の参謀。

そこへ、蔵鷹の助っ人としてやってきたは、あのカルロスだった。

カルロスは、香港ミラドールマンション・トレーニングセンターで鍛えたカンフーで、見事、参謀を倒す。


蔵鷹は、仮面の男との銃による対決で苦戦。仮面の男の放った一撃が蔵鷹を倒したかのように見えた。

しかし、・・・・・実は倒れた蔵鷹は、アンドロイドだった。

それは、あの『ゴルドメット』で蔵鷹本人が遠隔操作をしていたものだった!!

驚愕の仮面の男。

蔵鷹は仮面の男に説得する。

そのとき、蔵鷹を護っていた守護天使・大天使の力が働いた。

仮面の男は、良心を取り戻したようだった、・・・彼は『仮面』を脱ぎ捨て、助かった。


仮面は、そして何処かへ消えた。


蔵鷹は、37人天使図を守ったのだ。

蔵鷹はそのアートワークを見るだけで満足した。

そして、インドを去る蔵鷹だった。



バンクーバー

あの仮面は、そこに現れた。

欲望に溺れた男は、仮面を手に入れた。

そして、また『仮面の男』は古代怪獣を蘇らせた。バンクーバーの危機!

『仮面』の邪悪さは、癒しこそが、それを無力化するものだった。

蔵鷹の娘エクスは、それを父に聞いていた。

『仮面』を飲み込み、無力化する『ラファエルの箱』。

エクスはそれを使い、古代怪獣と仮面に勝利した。


THE END

『MASK TRIP』

by 東義真“YOSHIMAX” ©20192020LTX/ヨシマックス

 

浄土真宗とキリスト教


浄土真宗がキリスト教と類似していることは知られている。

それは、親鸞が京都西本願寺に保管されている「世尊布施論」を読んだからと言われている。

この「世尊布施論」は、景教(キリスト教ネストリウス派)の経典なのである。


京都、西本願寺には、親鸞上人も学んだという景教の、『世尊布施論』があります。現在は公開はしていませんが、宝物として保管されています。親鸞上人も、景教の書物を読んでいたのです。この『世尊』とはシャカではなく、イエスのことです。
これは中国で、七世紀に景教徒によって漢語に訳された景教の経典です。それが日本にも持ち込まれていました。内容は、イエスの「山上の垂訓」(マタイの福音書五~七章)等に関するものです。その冒頭の部分を少し現代語訳してみましょう。

「世尊(宇宙の主、イエス)はこう言われた。人に施しをするのであれば、施しをする前に、まず神にそれを捧げ、それからそれを人に捧げなさい。あなたの左手がする施しを、右手に知らせないようにしなさい。あなたの礼拝が、人に見せるためであったり、人に聞かせるためであったりしないように気をつけなさい。…・・
あなたに罪を犯している人がいるなら、その罪をあなたが赦すなら、聖なる方も、あなたの罪を赦して下さいます。…・・あなたの宝を地上にたくわえるのはやめなさい。殺人や強盗に略奪されたり、きず物になったりしてしまいます。あなたの宝は天国にたくわえなさい。そこではこわされることも、失われることもありません。…」

『世尊布施論』はその後、アダムの創造と堕落、イエスの降誕、生涯、教え、さらに基督教的救い等についても述べていきます。こうした『世尊布施論』を、親鸞が何時間もかけて学んだということは、興味深いことです。
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1335835403

さらに、「終戦直後、進駐軍が、日本全国の宗教調査(銃を突きつけての)その結果、東本願寺には、なんと漢訳「馬太傳」(新約聖書マタイ伝)が宝物として存在する」らしい。
http://ameblo.jp/taizo-bokushi/entry-10002106593.html

こう見てくると、日本には、空海だけではなく、親鸞を通じてもキリスト教の教えが入っていることがわかる。

日本人がもともと契約の民であったとすると、神道だけではなく、仏教としても信仰の残滓が日本には残っていたということではないだろうか。

不思議なことだが、京都綾部を本拠地とする御名を唱える教派の創始者は若狭湾の地区の出身で名字が西村。若狭湾地区に近い吉崎御坊跡は、浄土真宗中興の祖である蓮如上人が比叡山を追われて以後、北陸での布教の中心拠点に選んだ場所である。

浄土教には称名念仏の教えがあり、神の御名を唱えるキリスト教の復活と何らかのつながりがあるのではないだろうか。



91e03621
9390e0ed
100550897_2642401066006178_7075247382165716992_o

70310cae

e79dd0eb

↑このページのトップヘ